84円普通切手ってどんな切手?使い道など

郵便窓口で常時販売されている84円普通切手。切手としては一番身近で利用する機会も一番多いと思います。使い道や基本的な情報をまとめました

 

概要

84円普通切手・ウメ

84円普通切手・ウメ

デザイン ウメ
シート構成 1シート100枚
販売価格 84円
販売開始日 2019年8月20日




販売場所など

現在の84円普通切手は消費税の引き上げ(8%→10%)で郵便料金が変更になるのに合わせて、新たに発行された普通切手です。

使い道などは下記でも説明していますが、比較的軽い郵便物(定形)を送る用の切手です。

icon-hand-o-right 旧額面82円⇒現額面84円

【シート】
1シート100枚です(縦10枚×横10枚)。郵便窓口などでは1枚単位で販売しています。

【のり式】
切手の裏面はのり式になっています。水などで濡らして郵便物に貼り付けます。

【販売場所】
郵便窓口の他、コンビニやデパートなど郵便切手類販売所、日本郵便ネットショップ(100枚単位)でも購入できます。

 

84円の切手は普通切手だけでなく記念切手も多く販売されます。シールタイプの切手や花の形など変形の切手などいろいろと発行されます。

同じ値段でもあるので、せっかくなら送る目的に合わせて利用してみてはいかがでしょうか。

 

一般的な用途

84円切手の使い道は以下の通り

  • 定形郵便物 25g以内

定形郵便物は50gまでですが、料金設定は重さ25gを超えるかどうかで料金が変わります。

ちなみに25gを超えて50g以内であれば郵送料金は94円です。94円切手もありますが、84円切手に10円分の切手を貼ってもOK。

参考:定形郵便物の条件

重さ50g以内
厚さ1cm以内
最小サイズ14cm×9cm
最大サイズ23.5cm×12cm
その他長方形であること

※上記より小さいものでも12cm×6cm以上の耐久性のある厚紙又は布製のあて名札を付ければ差出すことができます。




合わせて読む

普通切手一覧

定形・定形外郵便物の違いは?料金から送り方まで

郵便書簡ってどんな商品?料金から送り方まで



シェアする