10月からの郵便料金の改定 通常郵便物やレターパック等の新料金

2024年10月1日(火)から郵便料金の改定があります。

どの郵便サービスの料金が改定されるのか?いくら値上がりするのか?詳しくみていきましょう。

料金が改定される郵便サービス

この10月からの郵便料金は全面的に改定されるわけではありません。値上がりする主なサービスを挙げてみます。

・第一種郵便物(定形郵便物、定形外郵便物、郵便書簡)

・第二種郵便物(通常はがき)

・一部のオプション料金(速達、特定記録など)

・レターパック、スマートレター

・手数料(切手類交換手数料、取戻し料など)

昨年の10月に料金改定があった書留類やゆうパックなどの料金は据え置きのままです。

新郵便料金に合わせて、新しい料額の切手やレターパックなどが発行されます。また、差額用の切手も合わせて発行されます。

◯内部リンク⇒料金変更前のレターパック・郵便はがきは使える?
いつまで郵便ポストに投函すれば前料金で出せる?



新しくなる郵便サービスと料金の一覧

通常郵便物・通常葉書

定形郵便物は重さで料金が分かれていましたが、統合されました。

・定形郵便物料金

現料金 新料金
25g以下 84円 110円
50g以下 94円

 

・定形外郵便物料金

現料金 新料金
50g以下 120円

規格外:200円

140円

規格外:260円

100g以下 140円

規格外:220円

180円

規格外:290円

150g以下 210円

規格外:300円

270円

規格外:390円

250g以下 250円

規格外:350円

320円

規格外:450円

500g以下 390円

規格外:510円

500円

規格外:660円

1kg以下 580円

規格外:710円

750円

規格外:920円

2kg以下 1040円 1350円
4kg以下 1350円 1750円

 

・郵便葉書、郵便書簡:63円⇒85円

・往復葉書:126⇒170円

第三種・第四種郵便物の料金は据え置きです

レターパック・スマートレター

・レターパックライト:370円⇒430円

・レターパックプラス:520円⇒600円

・スマートレター:180円⇒210円

オプション料金

・速達

現料金 新料金
250g 260円 300円
1kg 350円 400円
4kg 600円 690円

 

・配達時間帯指定

現料金 新料金
250g 340円 440円
1kg 440円 570円
4kg 710円 920円

・特定記録:160円⇒210円

・本人限定受取:210円⇒270円

・配達日指定
32円⇒42円

210円⇒270円※土日・祝日

各種手数料

・切手類の交換手数料(1枚につき)

1回当たりの交換請求枚数が100枚未満の場合

○郵便切手・通常葉書
5円⇒6円

○往復葉書、郵便書簡
10円⇒12円

○レターパック、スマートレター
42円⇒55円

1回当たりの交換請求枚数が100枚以上の場合

○郵便切手・通常葉書
10円⇒13円

○往復葉書、郵便書簡
20円⇒26円

○レターパック・スマートレター
60円⇒78円

○10円未満の郵便切手・通常葉書
10円⇒13円

・料金受取人払い、着払の手数料(1個(通)あたり)
◇後納かつ私書箱配達
15円⇒19円

◇後納または私書箱配達
20円⇒26円

◇上記以外
26円⇒34円

 

・あて名変更料、取戻し料
△差出局に請求があったとき※配達や発送準備完了前に限る
無料

△その郵便物を配達すべき局に請求があったとき
420円⇒550円

△上記以外
580円⇒750円



参考:料金改定しない郵便サービス

全ての料金が値上がりするわけでなく、据え置きのまま料金改定しない郵便サービスがあります。主なものを挙げます。

・第三種 第四種郵便物
・一般書留
・現金書留
・簡易書留
・引受時刻証明
・配達証明
・内容証明
・代金引換

・ゆうパック
・ゆうメール
・ゆうパケット

郵便書簡のサービス変更

郵便書簡(ミニレター)のサービスが10月から変更になります。

郵便書簡はこれまで厚さ制限はありませんでしたが、10月からは厚さが1cmまでの制限が設けられました。

◯厚さ制限:なし⇒1cm以内

また封入できる物も、これまでは薄い紙片のみでしたが、その制限も撤廃されます。




2024年10月からの郵便料金早見表 速達・書留などオプション含んだ料金

シェアする