ゆうちょの支店名・口座番号の調べ方

他の金融機関からゆうちょの口座へ振り込むをする際に必要となる店番・支店名・口座番号の調べ方をまとめました。

 

独自のシステムであるが故に

ゆうちょでは記号番号で口座の管理を行っています。

たとえば、ゆうちょのサービスで送金するにしてもお金を受け取るにしても必ず記号番号を利用して手続きをします。

ただし独自のシステムであるため、ネット銀行や都市銀行などから振り込みを行うのにこの記号番号は使えません。

ほかの銀行と同じように支店名であったり口座番号を使わないと振り込みはできないのです。

「キャッシュカードにそんなん記載されてないけど・・・」

「先方からは記号番号しか聞いてない!」

そんな場合でも店番・支店名・口座番号は簡単に調べることができます。

 

まず自分のを調べる

振替口座の場合 記号が「0」から始まる

振替口座開設通知書(振替口座開設のお知らせ)の下面に

【店名(店番)】
【預金種目】
【口座番号】

それぞれ記載されています。

振替口座は一般的に預貯金とか家計を管理するための口座ではなく、送金特化の口座のことです。もちろん利子は付きません。

たとえば通販会社とか塾などが商品の代金や授業料の振込先の口座として利用されています。

 

総合口座の場合 記号が「1」から始まる

お手元に通帳があればすぐに解決します。

通帳の表紙裏に記号番号が記載されていますが、その次のページの下側に

【店名】
【店番】
【預金種目】
【口座番号】

それぞれ記載されています。

古い通帳だと未記載だったり載っていない項目があります。窓口に持って行くと印字してくれたり、新しい通帳に取り換えてもらえます。

預金種目は普通貯金でも貯蓄貯金どちらでも振り込みは可能です。



支店名は?

あれ支店名はないの?と思われるかもしれませんが、【店名】が支店名になります。

最近はユニークな支店名を付けているところもありますが、一般的には地名がおなじみですよね。

ゆうちょの場合は四〇八(ヨンゼロハチ)や七〇八(ナナゼロハチ)など、3ケタの漢数字で割り振っています。

つまり、近くの郵便局で口座を開設したとしても、その局名や地名が支店名になるわけではありません。

 

ATMやネットバンキングで支店名を五十音順で探すには

三一八であれば『サ』から、六二八であれば『ロ』から、それぞれ数字の読みから入って検索をかければ出てきます。

通帳にもきちんと店名の読みがカタカナで記載されています。

 

記号番号しか分かんない

ゆうちょのキャッシュカードには記号番号はありますが、振込用の項目は残念ながら設けられていません。

けど記号番号さえ分かれば大丈夫!

ゆうちょのサイトから簡単に振込用の店名・口座番号など必要な項目を調べることができます。

まずは専用ページにアクセス

→【記号番号から振込用の店名・預金種目・口座番号を調べる

口座の記号・番号を半角で入力します。

記号と番号の間に1桁の数字がない口座があります。その場合は真ん中の欄は空欄のままでOK

入力内容の確認を行いページを進んでいくと

無事に記号番号から振込用の店名・預金種目・口座番号に変換されてでてきます。




合わせて読む

ゆうちょATMでの電信振替方法・手順など(ゆうちょ口座間送金)

ゆうちょ・郵便局のATM:振込(他行宛て)でお金を送る

外部リンク

店名または店番・口座番号から記号・番号への変換



シェアする