ゆうちょに口座があるか調べるには? 自分名義の口座はあるか確認したいetc

ゆうちょに『自分名義』だったり、相続の手続きで『被相続人』の口座があるか確認したい場合に、窓口で口座が存在するかの調査を依頼します。

 

貯金の有無の照会

親が子供名義のゆうちょ口座を開設して、その子供が大人になって自分名義の口座があることを知った、なんてことを聞くことがあります。

相続関連で故人名義のゆうちょ口座があるのか、あるのは判明しているが口座の記号番号(口座番号)が不明の場合に“現存調査”という手続きで調べてもらうことができます。



手続きに必要なもの

手続きに必要なものは以下の通り

・印章

・本人確認書類(免許証・マイナンバーカードなど)

*代理人が手続きする場合は、委任状が必要

相続人が手続きする場合

・相続人と故人の続柄がわかる公的書類
→被相続人が亡くなった事がわかる確認できる公的書類(戸籍謄本などで相続人の証明と死亡の事実がわかれば一通でOK)

・相続人の本人確認書類(免許証・マイナンバーカードなど)

・相続人の印章

 

手数料

現存調査の手数料は無料です。

 

窓口での手続き

手続きはゆうちょ・貯金窓口が空いている時間であれば、いつでも対応してもらえます。

窓口備え付けの用紙(貯金等照会書)に必要事項を記載します。

旧姓であったり、転居前・住居表示変更前の住所で届け出をしていた可能性がある場合は、その内容も記入する必要があるので、事前にまとめておきましょう。

 
手続きをした窓口では受け付けるだけなので、調査自体は貯金事務センターで行われます。調査が終われば結果は後日、書面で郵送されてきます。



合わせて読む

暗証番号は何回間違えるとロックが掛かる?解除法は?

ゆうちょICキャッシュカードの機能:払戻の上限額や生体認証など

【ゆうちょATM】通帳の繰り越しをする方法






シェアする