ゆうちょ窓口:住所変更の手続き 引越しの時に登録の住所を新しい住所に変える

引っ越しをして住所が変わったら、住所変更の手続きをしましょう。

ここでは主に総合口座(通常貯金・通常貯蓄貯金)の手続きに必要なものをまとめました。

※ゆうちょICキャッシュカードSuicaや投資信託口座・国債口座・振替口座は対象外

 

手続きに必要なもの


手続きに必要なものは以下の通り

・通帳、証書、保管証
ゆうちょダイレクト+(プラス)/無通帳型総合口座の場合はキャッシュカード

・届け印

・本人確認書類(免許証・マイナンバーカードなど)
→新しい住所が記載されているものに限る

届け印がない場合

登録している届け印を無くしてしまった場合は、一緒に改印の届出ができます。

顔写真付きの本人確認資料と新しい印鑑も用意して、印鑑の変更手続きをしてもらいましょう。

※旧印鑑から新しい印鑑に変更する場合は、旧印鑑も持って行きましょう

名前も変更になった場合

結婚などで住所と一緒に名前が変更になった場合は、氏名変更の届出をします。

同時に手続きをするのに、合わせて必要なものになるものは以下の通り

・住所と姓名変更が確認できる証明書類(戸籍謄本・免許証など)

・旧氏名のキャッシュカード

新しいキャッシュカードは後日、郵便で送られてきます。

 

窓口での手続き

手続きはゆうちょ・貯金窓口が空いている時間であれば、いつでも対応してもらえます。

窓口で住所変更と併せて変更(改印・氏名変更)したい手続きを伝えます。

備え付けの用紙に必要事項を記載し、変更の手続きが終われば、すぐにその情報は反映されます。




合わせて読む

ゆうちょ窓口:改印の手続き

ゆうちょ窓口:氏名変更の手続き

【ゆうちょATM】通帳の繰り越しをする方法

リンク一覧

・ゆうちょ・貯金窓口の営業時間や場所を日本郵政HPで確認できます
郵便局・ATMをさがす

本人確認資料一覧



シェアする