香水は郵便・ゆうパックで送れる?

香水にはアルコール(エタノール)が使われています。

香料を溶かし混ぜ合わせてるのと、揮発させて香りを広げるために利用されています。

ただ、このアルコール(エタノール)が使われていることにより危険物にも指定されています。

 

アルコール濃度が高すぎる

郵便物・ゆうパック(荷物類)共にアルコール濃度60%以上のものは、禁制品にあたります。

一般的な香水はアルコール濃度が70%以上と言われています。

wikipediaを参考にして挙げてみると

・パルファム:アルコール70 – 85%
・オードトワレ:アルコール80%
・オーデコロン:アルコール90%以上

このようにアルコール濃度が非常に高いことが分かります。なので香水は引き受けてもらえません。

もちろん国際郵便でも同じです。

引受可能な香水

アルコール等の危険物に該当するものが含まれない香水であれば送ることができます。

例えば練り香水やアルコールフリー香水などです(危険物には該当しない香水)。

 
ゆうパックなどには内容品欄があります。そこには略さずに【練り香水】・【アルコールフリー香水】と記載しましょう。




合わせて読む

航空危険物(航空機で輸送できない身近なもの)
→アルコール飲料については【こちら

ゆうパックのサービス概要(利用条件・ポイント)

国際郵便のサービス概要



シェアする