国際スピード郵便(EMS)は私書箱へ配達してもらえる?

国際スピード郵便(EMS)は他の国際郵便物と違って私書箱宛てに送るには注意が必要です。

私書箱に送れない国もあるので事前の確認が必要です。

 

私書箱に送れない国も

国際スピード郵便(EMS)でも私書箱への配達はできます。ただし国によって配達ができない国があります。

日本郵便HPの『国・地域別情報(国際郵便条件表)』を送達条件を確認してみると、EMS欄には[私書箱への配達]項目があります。

秘書箱へ送れる場合の可否が記載されています。

条件が変更になることも

秘書箱へ送れる国のほうが多いですが、条件が変更になって送れなくなる場合があります。

もちろんその逆もあり、アメリカやUAEなどは以前は送れませんでしたが送れるようになった国もあります。

変更になることもあるので、最新の情報にご注意ください。

 

私書箱宛てに送れない理由とは

私書箱に送れない国があるのは、EMSの配達を外部の業者に委託することがあるからです。

外部の委託会社では、私書箱のある郵便局内部に入っての配達ができないようです。

 
通常であれば、EMSも郵便事業体が配達にあたるのが普通です。ただし、その国の郵便事業体の事情によって配達事情も変わってきます。




合わせて読む

EMSの送り方

EMSでキャッシュカードを送る

アルコール飲料は送ることができるのか?制限はある?



シェアする