【ゆうちょATM】通帳の磁気データの修復をする 磁気が弱くなってしまったら

通帳の磁気の不具合で取引できなくなってしまうことがあります。

磁気が弱くなった場合でも窓口に行かなくても、ゆうちょのATMで修復ができます。

 

手続きに必要なもの

手続きに必要なものは以下の通り

・磁気不良の通帳

・ICキャッシュカード

当然ですが、ゆうちょの口座が対象です。

通帳の磁気を修復する場合でもICキャッシュカードは必要です。

対象外・手続きできない場合

ゆうちょのATMでも小型ATMでは手続きできません。

70歳以上の方や昔の通帳(縦型など)は対象外なので貯金窓口で手続きでしてください。

 

変更できる時間

ATMの稼働している時間であれば、いつでも変更可能です。

郵便局の窓口が閉まっている時間帯、もちろん土日祝日も手続きできます。

※ゆうちょATMは設置されている場所によって異なります。特に年末年始や商業施設のお休みで利用できないことがあります。




手続き方法/手順

※ATM・CDの機種によって違う場合あり。

①画面の[その他お取り引き]のボタンを押す
最初の画面

②画面の[ICキャッシュカード・通帳の磁気データ修復]のボタンを押す
2番目の画面

③画面の[通帳磁気データの修復]のボタンを押す

④通帳を挿入後にICカードを挿入する

⑤暗証番号を入力する

⑥カードと通帳を抜き取り、手続き終了

もし、修復できなかった場合はゆうちょ・貯金窓口で手続きしてください。




合わせて読む

ゆうちょ通帳で磁気不良になった場合の手続き・手数料など

ゆうちょICキャッシュカードの機能:払戻の上限額や生体認証など

【ゆうちょATM】暗証番号の変更をする



シェアする