ノルウェーで土曜日の郵便配達を廃止

ノルウェーで来年から週6日だった郵便配達日を削減し、週5日の配達にするようです。

いままで土曜日を含め週6日間は配達日として手紙は配達されていましたが、新しい郵便法が来年に発効されると土曜日配達はなくなり
その日の分はまとめて月曜日に配達されます。

新しい郵便法の発効自体は来年の1月1日からですが、土曜日配達がなくなるのは発効から2か月後の3月5日からのようです。
またこの法律でノルウェーの郵便市場は自由化されます(現行では50グラム未満の重さの郵便物は独占状態。それを市場に開放)。

最近、土曜日配達を廃止する国が増えてきました。
原因はいうまでもなく、時勢なんでしょうがIT化が進み郵便を利用する機会が減ってしまったことが挙げられます。

今回のノルウェーが配達日を削減した理由もそうなんですが、コストを抑えるには致し方ない措置なのでしょう。
日本でも土曜日配達は廃止しようという声も実際に挙がっていて、今後の需要次第では近い将来廃止になる可能性も高いと思います。

※ちなみに現時点で土曜日は配達されるとなっていますが、EMS(国際スピード郵便)で日本からノルウェーに送った場合、土曜日は配達日に指定されていません。2015年10月27日現在



シェアする