電子郵便ポスト「MyPost」サービス開始/オーストラリアでは支払いも

今日の日経に、日本郵便がインターネット上に電子郵便箱を設けるという記事が載っていました。

日本郵便のプレスリリースにもさっそくアップされていたので詳細はそちらのほうをご覧いただければと思いますが、要は登録した会員が配信を希望する企業や行政からのメッセージを受け取ることができるサービスです。
デジタルメッセージサービス「MyPost」の提供開始(プレスリリース-PDF)

普通のメルマガとは違い、登録する会員の本人確認をきちんとすることによって、今まで電子メールでは送りにくかった公共料金の支払いに関する案内や、金融機関から郵送されていた手紙などもオンライン上で受け取ることができます。
いままでは登録するにしても個々の企業のサイトにアクセスして情報入力しなければならなかったのを、今回のこのサービスで一括して受け取ることができるので楽になると思います。

こういったサービスは諸外国ではもう数年も前から開始されています。
今回日本郵便で開始したデジタルメッセージサービスは「MyPost(マイポスト)」という名称が付いていますが、実はオーストラリアポストですでに開始されているデジタルメッセージサービスも「MyPost」という名称で同じです。

たぶん意識してこの名称にしたと思いますが、オーストラリアポストの同サービスはとても進んでいます。
オーストラリアの電子政府ワンストップサービス「myGov」との提携もそうですが、クレジットカードや銀行口座と連携して料金の支払いができたりそのスケジューリングもできます。
詳しくはこの動画で↓↓

日本郵便の方は、開始直後で試行的な提供ということもあり、まだまだ配信を行う官公庁・企業は少ないです。
先陣を切って会津若松市がこのサービスを利用開始していて、本人宛の重要書類も受け取りが可能になります。各自治体に広がれば利便性が上がると思うので今後の発展に期待です。



シェアする