今は無き切手の自動販売機

今からちょうど一年くらい前に渋谷郵便局に行った時のこと。
そこに行って少し驚いたのは記念切手を自動販売機で売っていたことです。(全然違うものだったり、勘違いだったらごめんなさい)

昔は普通切手や葉書は自動販売機でも販売されていました。
私も何回か購入した経験がありますし、ふみカードも持っていました。

でもいまは姿を見ることはできません。

聞いた話によると切手は湿気に弱く、それを除去するのが難しいとか何とかで、これから新しく(切手・ハガキの)自動販売機が設置されることはないだろうとのことでした。

今の技術だったらなんとかなりそうなものですが、その分のコストがかさんでしまうのが頭の痛いところ

自動販売機と郵便との付き合いは長く、現存する最古の自販機はていぱーくにある

「自働郵便切手葉書売下機」で日本古来のカラクリの技術が使われています。

その自販機の仕組みや機能を知ると作ったひとの技術力の高さを思い知らされます




シェアする