普通郵便の土曜配達の休止・速達値下げ等 10月から

2021年10月から郵便法の改正に伴い、郵便サービスの一部変更されます。

大きく変わる箇所のあるので、内容も含めてまとめていきたいと思います。

 

配達関連

①土曜日の普通郵便の配達休止

よく勘違いされている方も多いのですが、土曜日は通常郵便物も配達される日に含まれています。

それが2021年10月から土曜日配達は休止になります。

対象

普通扱い・特定記録“の郵便物・ゆうメール

②配達日数の繰り下げ

“普通扱い”の郵便物・ゆうメールの配達する日数が1日程度繰り下がります。※2021年10月から段階的に

例えば、今日手紙を差し出して次の日に届いていたものが、明後日に届くことになります。

対象

普通扱い“の郵便物・ゆうメール

POINT書留類、速達、レターパック、ゆうパック、ゆうパケットなどはサービスレベルに変更ありません。土曜日・日曜日・祝日も配達され、配達日数も変更はありません

 

料金関連

速達料金の引き下げ

上記にある通り配達日数が繰り下がることから、速達の需要が増えることを見越して、速達のオプション料金が値下げされます。※2021年10月1日引受分から

10/1以降の速達料金 250gまで 260円※9/30までは290円
1kgまで 350円※9/30までは390円
4kgまで 600円※9/30までは660円

260円普通切手の発行

速達料金(260円)に対応した普通切手が9月1日から販売されます。

また、現行の速達料金分の290円切手は9月30日までで販売が終了になります。

配達日指定の料金

配達日指定郵便の土曜日の料金区分が変更になります。

土曜日は平日と同じ32円でしたが、10月1日以降は日曜日・祝日と同じ区分となり料金も210円となります。

10/1以降の配達日指定 下記以外のもの 32円
土・日曜日・祝日 210円




シェアする