代引きのサービス改善/認可が下り10月からリニューアル

先月お伝えした代引サービスの改善ですが、無事に各関連省庁から認可が下り10月1日からリニューアルします。

一番の改善点は、今までは送金先の金融機関はゆうちょ銀行のみだったのが、ほかの金融機関(都市銀や信金、農協など)も指定できるようになったことです。※全銀システムに接続しているものに限る

またその関係で代引ラベルも仕様が変わるため10月以降は新しい代引ラベルを利用してください。

送金料金も通常払込みや電信払込みの区分がなくなり、両方とも現行の通常払込みの料金と同額になりました。

【送金金額】【料金】
ゆうちょ銀行の口座:5万円未満 130円
5万円以上 340円
他の金融機関の口座:5万円未満 216円(新設)
5万円以上 432円(新設)

□そのほかの改善点
・送金スピードも全体として向上し、約一日程度で指定した口座に送金して貰えます。
・郵便書簡、郵便葉書及び本人限定受取郵便(特定事項伝達型)は取扱の数が少ないため廃止になりました。

代引きはこれまで差出の際も本人確認資料が必要になったり、為替で送金できなくなったりと
だいぶ締め付けが厳しくなっていました。

今回、他の金融機関にも送金先が選べるようになり利用の幅が広がるのではないでしょうか。



シェアする