お便りポスト便

 
他ページの紹介

トップトップへ活用法と豆知識>letterpackを活用しよう

 

レターパックを活用しよう

レターパックは書類(信書OK)やちょっとした物品も入れて送ることができるA4サイズの専用封筒(堅紙タイプ)のことです。

街のポストに直接投函でき、追跡もできるので他のサービスと比較しながら活用してみましょう。現金は送れませんのでご注意を!

※旧額面(500・350)のレターパックを使う場合は10円分の切手を貼りつければ送達できます

  レターパックプラス(赤色) レターパックライト(青色)
サイズ

340mm×248mm(A4サイズの書類がスッポリ入る)

重量

4kgまで(定形外郵便の最大重量と同じ)

厚さ制限

なし

3cm以内

配達方法

対面授受:印鑑/サインをもらう

郵便受けに入る

送達速度

速達と同等

速達に準ずる速さ

価格

510円

360円

別名:特定封筒郵便物(レターパックプラスには交付記録郵便物が付いている)

速達を含めた書留類と特定記録の料金表は【こちら】から。比較の材料としてご活用ください

 

レターパックライト(旧レターパック350)

  • 特定記録ゆうパケットと似たサービス。重さによってはレターパックライトの方が安く速く送ることができる
  • お届け先の郵便受けまでの配達
  • 厚さの制限が3cm以内と決まっています。ただ圧を加えて3cm以内になればOK(圧を加えても中身が壊れないものであればいいんですが・・・)
  • 速達に準ずる速さ。速達郵便など多い場合は後回しになる。

 

レターパックプラス(旧レターパック500)

  • 簡易書留と似たサービス。重さによってはレターパックプラスの方が安く速く送ることができる
  • 受取人からハンコやサインをもらいます(対面授受)
  • 速達と同じくらいの速度で配達される(ただし遅れて配達されても賠償なし)

 

共通項

  • 中のものが壊れても補償はありません
  • 外国に送ることはできません
  • 特殊取扱(配達証明や本人限定、配達日指定など)を付けることはできません
  • 直接ポストに投函OK。入らない場合は郵便窓口に持っていきましょう
    ※お問い合わせ番号の入っている控えはキチンと剥がして保管しておきましょう(追跡番号でHP上から配達の状況が分かります)
  • 内容品を書く欄があるので記載しましょう。

  • 曖昧な記載や航空危険物は平面輸送(陸路・船)になるので地域によっては送達が遅れる可能性があります→航空危険物


合わせて読む

局留めの利用方法-受け取りに便利な局を選ぶ-

記録の残る郵便サービス

実損って何?-実損の定義を知る-

外部リンク-日本郵便HP

レターパック

Copyright (C) 2012- ポスタンプ協会. All Rights Reserved.