お便りポスト便

 
他ページの紹介

トップトップへ活用法と豆知識>『実損』ってなに?

 

書留の補償は実損とあるけど『実損』ってなに?

 書留やゆうパック、EMSに代表されるサービスには金額に違いがあれど補償がついています。万一の事があった場合に実損で補償されます。

 

実際の損害

ではこの『実損』とはどのようなことを指すのかをみていきましょう

郵便料金表にあった記載をみてみると

・実損額とは、郵便物の内容品に生じたと認定される実際の損害額のことです

・遅延などによる二次的な損害は損害賠償の対象にはなりません(ちなみに再発行等のために支払う交通費なども対象から外れます)

約款には

・実損額:差出地におけるその内容品の市場価格を基準とします

と記載されています。

 

定義を知らないと

クレジットカードを例に挙げて説明すると

例)書留郵便でクレジットカードを送ったが、配達員が紛失してしまった。そのクレジットカードは悪者が拾ってしまい10万円も勝手に使いこまれた

この例でいくと勝手に悪者に使いこまれた10万円は損害賠償の対象にはなりません。クレジットカードそのものの価値はあくまで“プラスティックのカード”としての価値しかないからです。

つまりこの場合の補てんはクレジットカードの再発行費用に限られます。(付け加えていうと10万円勝手に使いこまれたのは二次的な損害でしかありません)

ちなみに勝手に使いこまれた10万円を何とかしようと思うならクレジットカード会社とのやりとり(免責事項と照らし合わせながら)で解決していくことになります。


合わせて読む

普通郵便に補償が付かないのはなぜ?

書留とは-書留のサービス内容と種類-

各書留と特定記録のサービス内容の違い

カギやUSBを郵送する

Copyright (C) 2012- ポスタンプ協会. All Rights Reserved.