お便りポスト便

 
他ページの紹介

トップトップへ>国際郵便にはどんな種類があるの?

 

国際郵便物のサービス概要

 

主な国際郵便物の種類

郵便物の種類
概要
書状

・特定のひとにあてた通信文を筆書したものを内容とする郵便物(郵便葉書以外)

・他の種類に属する郵便物でも、書状として差し出せる

書状 定形郵便物 ・内国郵便の定形郵便物に相当するもの
定形外郵便物 ・内国郵便の定形外郵便物に相当するもの
グリーティングカード ・慶弔用カードのみを含有する書状で、特別の料金が適用されるもの
航空書簡 ・内国郵便の郵便書簡に相当するもの
郵便葉書 ・内国郵便の第二種郵便物に相当するもの
印刷物 ・機械的又は写真的方法により、紙、厚紙又は一般的に印刷に使用されるその他の物質に2部以上を複写した印刷物を内容とする郵便物
印刷物 特別郵袋印刷物 ・同一名あて地の同一受取人にあてた印刷物を1つの郵袋に入れて発送する郵便物
小形包装物 ・通常郵便で小形の物品を送る郵便物。特定の人にあてた通信文を筆書したものは入れることができない
盲人郵便物 ・点字の書状、点字の記号を有する原版、盲人又は指定施設から差し出されるあらゆる形態の著述物、特別に対応したCD、点字用具、点字腕時計、白い杖等の各種を内容とする郵便物
小包郵便物

・物品を送るための郵便物。特定の人にあてた通信文を筆書したものは入れることができる
・損害賠償制度あり

国際スピード郵便 通信文、書類又は物品を航空路によって最も優先的に取扱い、速達すると認められる方法で配達し、かつ、その引受け及び配達について記録する郵便物

 

特殊取扱

種類
取扱内容
対象
書留 郵便物の引受け及び配達を記録。送達途中に損害が生じた場合には損害賠償限度額の範囲内で実損額を賠償 ○通常郵便物
保険付 郵便物の引受け及び配達を記録。送達途中に損害が生じた場合には保険金額を限度とする実損額を賠償

○書状(航空書簡除く)
○小包郵便物

※取扱わない国あり

速達 配達局に到着後、郵便物をこれと同一の種類に属する他の郵便物に優先して受取人に配達

○通常郵便物
○小包郵便物

※取扱わない国あり

受取通知 添付されている受取通知用紙を配達の際に、受取人から署名をもらい、これを差出人に返送

○書留郵便物(航空書簡除く)
○保険付郵便物
○小包郵便物

※書留郵便物は航空便・SAL便のみの取扱(SAL便は二国間の合意でのみ)

※保険付書状は航空便のみの取扱

※速達は航空便のみの取扱

 

発送方法

種類
取扱内容
対象
航空 航空機を利用して送達する ○通常郵便物
○小包郵便物
SAL 日本と名あて国では船便、日本から名あて国間では航空機(搭載の優先度低い)を利用し送達する ○印刷物
○小形包装物
○小包郵便物
船便 水路を利用して送達する(基本的に平面路) ○通常郵便物
○小包郵便物

※送達できない/取扱のない国・地域もあるので要確認

 

注意点

・条件があて名国によって異なる場合があります。たとえば大きさや重量、送れないものがそれぞれの国や地域によっても違うことがあります。最新の情報にご注意ください

海外にこわれものの扱いで郵送することはできません

税関告知書インボイスなどの書類が合わせて必要になることがあります

・内容品の記載は具体的に記入しましょう

 

選び方

各内容品に対応する郵送サービス

△手紙・通信文・・・書状、郵便葉書、国際スピード郵便

△物品のみ・・・書状(定形、定形外)、小形包装物、小包郵便物、国際スピード郵便

△印刷物(本・雑誌など)のみ・・・書状(定形、定形外)、小形包装物、印刷物、小包郵便物、国際スピード郵便

△荷物+通信文・・・小包郵便物、国際スピード郵便

各事例に対応する取り扱い

△記録が残る・・・書留、保険付とした書状等、小包郵便物、国際スピード郵便

△補償有り・・・書留、保険付とした書状等、小包郵便物、国際スピード郵便

△より早く届けてほしい・・・速達とした書状や小包等、国際スピード郵便

 

基本的なあて名の書き方

・

住所

日本の住所の記載順とは逆です。

日本では大きい地名から小さい地名に向かって住所を書いていきます。海外に手紙を送る場合は小さい地名から大きい地名へと書いていきます。

部屋番号(建物名)から書き始めて州都道府県名、そして大文字で国名を書きます。

※アメリカなどでは番地、街路名の後に、♯(シャープ)部屋番号でもOK

念のため差出側には"From"、受取側には"to"と表示しておくと親切かもしれません。

位置

[差出人]の住所氏名は左上に

[受取人]の住所氏名は中央から右側、できれば右下に記載します。

封書であれば裏面に差出人の住所氏名を記載しても問題ありません。

 

料金リンク

航空書状(Airmail)   ◇船便通常郵便物(Surfacemail)

EMS(国際スピード郵便)  ◇国際小包  ◇印刷物・小形包装物


合わせて読む

航空危険物-原則的に国際郵便では送れない危険物-
→アルコール飲料(ワイン、酒精)に関しては【こちら
→花火に関しては【こちら

キャッシュカードはEMSで送れる?

海外に送った郵便物等が届かない(調査請求)

※最新の情報に対応してない場合があります。ご一報いただければ修正いたします

Copyright (C) 2012- ポスタンプ協会. All Rights Reserved.