お便りポスト便

 
他ページの紹介

トップトップへ>花火は郵送できるか?

 

花火は送ることができる?(荷物・郵便)

夏の風物詩である花火は危険物にあたります。

打ち上げ花火(専用の玉)みたいな本格的なものだけでなく、おもちゃ屋さんでごく一般的に販売されているおもちゃ花火もそれに該当します。

花火は各法令や規定などにより差出・郵送することができないのでご注意ください。

 

禁止物品

まず郵便法では郵便禁制品として郵送を禁止している物品があります。

1.爆発性、発火性その他の危険性のある物で総理大臣の指定するもの

爆発性の物(火加工類)の中に花火が含まれています。

郵送した場合は罰則規定(50万円以下の罰金・没収)もあります。

もちろんEMSなどの国際郵便も同様です。

それに合わせて、万国郵便条約その他規則でも禁制品(IATA航空危険物、危険性のある物質等)になっています。

※送った場合の責任はもちろん差出人にあります。知らなかったからといって免責になるわけがありません(自分の責任を棚上げしないように!)

 

ゆうパックなどの荷物でも

航空法でも花火などの火薬類は危険物となるため航空輸送できません。

それ以前に引受け自体してくれません。

ゆうパックゆうパケットなどの約款にも火薬類やその他の危険品などは引受拒絶できる旨、また運送途中で当該のものが入っていると分かれば処分できる旨も明記されています。

 

内容品の記載

たとえゆうパックやEMSの中に花火が入っていなくてもざっくりした内容品の記載であったがために引受けを断られたり、送り返される可能性があります。

事例

おもちゃ×→花火の可能性もあるため

内容品はなるべく具体的に記載するようにしましょう

※最新の情報に対応してない場合があります。ご一報いただければ修正いたします


合わせて読む

航空危険物(航空機で輸送できない身近なもの)→アルコール飲料については【こちら

ゆうパックを送るポイントなど

国際郵便のサービス概要

Copyright (C) 2012- ポスタンプ協会. All Rights Reserved.