お便りポスト便

 
他ページの紹介

トップトップへ郵悠コラム>郵便番号の記載とまじめさ

 

郵便番号の記載とまじめさ

みなさん、郵便番号記載してますか?

キチンと書く人もいれば、めんどうと感じて書かない人もいるでしょう。私もそのめんどくさがりのひとりですが・・・

 

まじめさ

郵便番号が導入されたのが1968年です。郵便物の区分作業の効率向上が導入のきっかけです。

当時に書かれていた雑誌か新聞、どの媒体かは忘れましたが記事の内容で印象に残ったものがあります。

郵便番号の記載率がその国の国民性を表している、というものです。

つまり
郵便番号の記載率が高ければその国の国民は真面目

郵便番号は差出す人が記載しなければ導入する意味はありません。特に義務付けられているわけではないのに、それでも協力してくれる。
そういったひとの割合が高いほど真面目な人が多い、というわけです。

やや大雑把な見方ですが、的を射ているような気がします。

ちなみに当時、その記載率90%以上の国でドイツ(当時は東西に分かれていた)・スイスが挙げられていました。たしかに真面目で堅実なイメージがあります。

日本も以前の統計を見てみると90%を超えていました。さて今の記載率はどれくらいなのでしょうか?気になりますね、、、ってか今も調査されてんのかな?


合わせて読む

富士山局のはじまり-風景印と共に-

馬車から自動車へ-郵便物の運搬を自動車で-

三位一体の自動販売機

犬と郵便配達員-導入された強力スプレー-

コラムトップに戻る

Copyright (C) 2012- ポスタンプ協会. All Rights Reserved.