外国宛郵便物に係る輸出申告の有料化

2017年4月から国際郵便で送る内容品の価格が20万円を超える場合、日本郵便に輸出申告手続き(国際郵便物に係る通関業務)を委任すると料金が発生します。
※外国から来る郵便物に関しては昨年の10月から有料化されています

当然のことながら20万円を超えない、日本郵便に委任しなければ(通関業務を自分自身で行う、もしくは他の通関業者に委任するなど)その料金は掛かりません。

○外国宛郵便物に係る輸出申告
品目数にかかわらず  2,800円/件

代行手数料は郵便料金と一緒に請求されます。なお消費税は免税。
この手数料は現金で前払い、または料金後納で支払うことになります(郵便物の送料とは違うため切手払いはできない)。

詳しくは日本郵便のHPでご確認ください
国際郵便物に係る輸出申告手続有料化の開始について




お便りポスト便トップページ
ブログトップ