郵便料金の改定 来年の6月から

来年の6月より郵便料金が一部改定されます。郵便料金が改定されるのは2年前の消費税増税ぶりですが、それ以外の理由で改定されるのは約23年ぶりになります。
郵便料金等の改定(日本郵便HP)
主に料金が変わるのが郵便はがき、定形外郵便、ゆうメールの3つです。

まず、郵便はがきは現行の52円から62円になります。はがきは赤字状態が続いていたこともあり値上げ自体は致し方のないことだと思います。
ただ年賀はがきに関しては52円のままのようです。年賀はがきに関しては短期間で大量に集配できるので収益性がよく、逆にこれまで値上げしてしまうと自分たちの首を絞めてしまうことにもなるので据え置かれたのでしょう。

定形外郵便は新しい規格が設定され、従来の重さだけでなく規格内なのか規格外なのかによって料金が分けられた恰好になっています。規格をみてみると、『長辺 34cm 以内、短辺 25cm 以内、厚さ 3 ㎝以内及び重量 1kg 以内』となっており、大体目安としてはレターパックライト(A4ファイルサイズ)を思い浮かべていただければいいと思います。
レターパックライトは一般的な自宅の郵便受けに入れられるかどうかを基準にして厚さの制限が設けられていて、今回の新規格を設定したのも郵便受けに入れられないものの再配達をなるべく少なくしたかったということがよくわかります。

ゆうメールに関しても定形外郵便と同じです。

また来年になったら新しい郵便料金のページを作りたいと思います。



お便りポスト便トップページ
ブログトップ