往復はがき 往信と返信それぞれ反対に印刷してしまった時は

結婚式や同窓会などの出席確認で往復はがきを利用される方は多いと思います。誤って逆にあて名や通信文など印刷してしまった場合、そのままでも送っていいのかどうなのかお教えします。



送ることは可能

皆さんご存知だと思いますが

  • 自分から相手に差し出す方が【往信部
  • 相手から送り返してもらう方は【返信部

となります。ただこれを、本来往信部に印刷するところを間違えて返信部に印刷してしまう凡ミスは誰だってあると思います。

逆に印刷してしまった場合でも、開き直ってそのまま送ってしまっても大丈夫のようです。

差出し時の注意点

差し出す際には次の事に注意!

  • 往復はがきの料額印面(切手の部分)の下にそれぞれ【往信】【返信】と印字されています。それを二重線で消し、その下に往信にしたいのであれば【往信】、返信であれば【返信】とわかりやすく記載すること
  • 折る方向を間違えないこと

念には念を入れて付箋で【往信】などと表示し貼り付けておくと誤送される可能性は一段と低くなります。

やはり気になるときは

「間違えたまま送ってしまうのはどうも・・・」
「見栄えが悪い。」

体裁やマナーの面で、そのまま送るのは気が引けるという方は郵便局で新しい往復はがきに交換してもらいましょう。
一枚10円で新しい往復はがきに交換できるので、印刷し直してください。



お便りポスト便トップページ
ブログトップ